フラワーショップ・グリーンショップ(花・観葉植物業者)のライバルは誰なのか?

花屋さん・グリーンインテリアショップ店員になりたいと思うようになった理由を覚えていらっしゃいますでしょうか? 観葉植物が好きだから、花が綺麗だから、親が花屋さんだったから、植物関係の仕事がしたかったなど理由は人によってさまざまですよね。しかし、憧れの花屋さんとして出店しても2〜3年で閉業してしまうケースは少なくありません。10年以上地域に密着し、営業していたお店であっても突然閉業してしまったというケースですらあります。 花屋さんの経営とはただ単に花束を作り、販売することではありません。今回は花屋さんを経営するにあたっての大切なことや秘訣を紹介していきます。 ここではライバルに負けて潰れてしまう花屋やグリーンショップにならないように、、ビジネスの今について紹介していきます。 そもそも花屋のライバルは誰なのでしょうか。 まずは、競合の花屋ですね。 そうなってくると、日比谷花壇さん、青山フラワーマーケットさん、オザキフラワーパークさん、リベルテさん、第一園芸さん、などがあります。 次に東京都や大阪といった大都市の観葉植物レンタルなどの業者は潜在的な競合になります。 パーカーズさん、ベニバナさん、竹中庭園緑化さんなどの大手は個人向けのレンタルはないものの、法人向けだと間違いなく花屋をお客様をとりあうことになります。 SOLSOさん、グリーンインテリアさん、グリーンジャムさん、プロトリーフさん、などは観葉植物の販売店で、言うまでもなくこれらも強力なライバルです。 時間やお金やお客様と販売する側の気持ちを無駄にしないためにも、花や植物についての知識だけではなく、販売することやビジネスを学んで着々と利益を上げていきましょう。

フラワーショップ・グリーンショップでライバル店に勝つ方法4

競合に負けないお店の大きさ 競合に負けないように品揃えや価格の設定、それらを充実させるためにはお店の広さはある程度の大きさが望まれます。商品を陳列する場所、たくさん売ることができないと市場でたくさん仕入れることは難しいです。 何より陳列しないと商品は売れませんので、陳列するスペースはしっかりと確保しましょう。最低でも20坪は欲しいところです。そして少し道路面からセットバックしていると尚良いです。 そうすることで商品の陳列する場所も増えますし、何より店内に入らなくともお客様がたくさんの花と接することができます。そうすればやがては、人が人を呼ぶ状態になり、地域でも人気店になれるはずです。

フラワーショップ・グリーンショップでライバル店に勝つ方法3

価格で差別化を図る 花の価格というのは一物一価ではないです。商品の数量や仕入れをする量によって価格はさまざまです。 たくさん一度に仕入れをすることができれば、安く大量に販売することができます。また、ホームセンターなどで販売されている園芸商品はそこまで安くないということをご存知でしょうか? たくさんの店舗の品揃えを同じにしようとするには、市場のセリ取引では十分な商品を確保することはできません。それで市場を通じて相対取引を行います。例えばある商品の相対価格が1300円であったとします。 それをホームセンターでは2800円くらいで販売します。この商品が需要がある時期にはセリ取引でも同じくらいの価格で取引されています。しかし、その時期が終わってくるとセリ取引の価格は800円程度まで下落します。そうすると2800円という価格を多少下げたところで利益が出るような仕組みになっているのです。

花屋(生花・観葉植物・胡蝶蘭)を開業するために必要なポイント3

【お店の場所や店内のレイアウトにこだわること】 お店を開業するにあたって、重要なことは店舗をどこに出すのか、店内のお花のレイアウトはどうするのか、仕入れ先は確保できているのかの3点です。 お店をどこに出店するのかは売上げにも関わってくる大事な要因になります。開業前に店舗を構えようとしている場所の通行量を確認しておきましょう。お客さんの目に止まりやすく、通行量が多いとそれだけで花屋さんとしての成功率が上がります。 そして、成功している花屋さんは入り口から店内にかけての生花のレイアウトが絶妙なことが多く、お客さんを自然に店内に呼び込むことに成功しています。 また、仕入れ先の確保は花屋さんのビジネスの生命線ともいえることです。仕入れ先によっては季節によって仕入れのできない花があるかもしれないので、仕入れ先は複数確保しておくとトラブルを防ぐことに繋がるはずです。 どういった条件仕入れ先を決めるのかという点では、注文してから入荷までの速度を考慮しても良いかもしれません。お客さんから注文を頂いてからスムーズに仕入れを行うことができれば、お客さんにも喜んでもらえますし、何より新鮮な状態でお花を届けることができるからです。

花屋(生花・観葉植物・胡蝶蘭)を開業するために必要なポイント2

【花屋さんになるために必ず必要な資格はない!】 花屋さんになるためには実は特別な書類を提出することも、資格も必要はありません。提出する書類としては税務署に『開業届』を提出するくらいです。『開業届』を提出後は花屋さんとして開業することができます。 しかしながら、持っておいて損のない資格はいくつかあります。 フラワーデザイナー フラワー装飾技能士 フラワーアレンジメント 色彩検定 これらのものは取っておくと他の花屋さんと差別化をすることができ、お客さんを集客する際に役立ちます。 フラワーアレンジメントやフラワーデザイナーの資格を持っておくと、冠婚葬祭などの場所で自店の花を使用して会場の雰囲気やイベントのニーズにあったスタイリングをすることができます。まあt、資格を持っているということで大きなイベントなどの依頼も受けやすくなります。 また、色彩検定の資格を持っておくと店内を色鮮やかに花を陳列することができたり、お客さんにあった配色で花束をアレンジしたりすることもできます。 その他、フラワー装飾技能の資格は国家資格でありますが取得しておくと、ブーケやコサージュの装飾品の作成、飲食店や結婚式場のディスプレイ、花の衛生管理や維持管理など仕事をする幅が広がりますので、取得することをお勧めします。

花屋(生花・観葉植物・胡蝶蘭)を開業するために必要なポイント1

花屋さんになってみたい!と幼少期に考えたことはございませんか?大人になってそんな小さい頃の夢を叶えてみませんか?今回は花屋さんを開業するにあたって必要な開業資金やビジネスとして成功させるポイントなどを紹介します。 加えて、花屋さんを開業するにあたって必要な届出や資格についても解説していきます。 【花屋さんの開業資金は?ランニングコストも確保するとを忘れないようにしよう】 『花屋さんになろう!』と考えたときにまずどれくらいの開業資金があれば良いのかと気になりますよね。また、仕入れや花の鮮度を保つための水道代や栄養剤などもどれくらいかかるのかも気になるところです。一般的に花屋さんの開業資金は300〜700万円かかると言われています。 内訳としましては、 店舗の内装工事に100〜300万 実際に店舗を借りる賃貸料に100〜300万 什器などの設置料に20〜50万程度 かかるとされています。 もちろん、これ以外にも商品の仕入れ代などもかかってきますが、何より店舗の設備がしっかりしていないと花の鮮度を保つことも難しくなってしまい、結果として売上げに関わってきます。開業するときには店内の内装や什器などにはある程度の資金がかかることを予測しておきましょう。

花屋(グリーンインテリアショップ)のフランチャイズになるという選択肢

開業してもお客さんが来てくれるか不安。 どういった場所に店舗を構えたら良いのかわからない。 そうした不安を抱えながら開業するというのはかなりのストレスがかかりますので、フランチャイズに加盟して出店するという選択肢もあります。 フランチャイズに加盟するとフランチャイズ本部が持っている経営方法やノウハウを取得できるため、未経験でも安心してお店を構えることができます。また、フランチャイズ本部に売上げや商品についての悩みも相談することができ、不安を解消できるという点もメリットといえます。 また、フランチャイズのブランド力を借りることができるので集客も安定しますし、本部が大量に仕入れをしますので、ご自身で仕入れ先を確保するようなことも不要です。大量に仕入れるために仕入れにかかるコストも低コストで仕入れることが可能になっています。 個人で出店することが不安な方はフランチャイズでの出店も視野に入れてみてはいかがでしょうか? 花屋さんになるという夢を叶えるためには状況に応じて開業資金を準備しておくことが必要です。お花の代金を用意しておくのはもちろんのことですが、商品の管理にかかるお金や店舗の内装費用なども忘れずに計算に入れておきましょう。 花屋さんには『開業届』を提出するだけでなることができますが、紹介した持っておくと便利な資格はたくさんあるのでぜひ取得することをお勧めします。資格のおかげで仕事の幅も広がることでしょう。 何より集客が不安な場合にはフランチャイズに加盟することも手段の1つなので、いろいろなパターンを考慮して花屋さんとしての1歩を踏み出してください。

フラワーショップ・グリーンショップでライバル店に勝つ方法2

スキルや専門性で差別化を図る 園芸用品などは圧倒的に品揃えの数や商品数でホームセンターが強いです。 ですが、そこまで拘った商品や高級品を扱っていることは少ないですし、スタッフもアルバイトやパートさんが多いため商品や花についての知識を豊富に持っている可能性は少ないです。 一方で、花屋さんとなると植物や花の育て方についてお客様にしっかりとアドバイスをすることができたり、その結果としてリピーターになってくださる可能性も高いです。 レジでの会計時にはワンポイントアドバイスとして、購入される商品の育て方について教えてあげることができる専門知識を身につけておくとお客様に満足していただけるはずです。 しっかりと正しい育て方を理解しておかないと、早く枯らせてしまったり、何よりその植物の寿命をまっとうすることができません。しっかりと専門知識を身につけて、正しいアドバイスができるようになりましょう。

フラワーショップ・グリーンショップでライバル店に勝つ方法1

品揃えで差別化を図る お店には足を運んでくださる可能性のあるお客様の数を予測することができます。自店の半径2キロの範囲に約5万人が住んでいるとすると、お店に来店してくれる可能性が高いのはこの5万人の人々となります。 スーパーなどでは花束を作成することやフラワーアレンジなどはできません。切り花の種類もたくさんあります。その他、苗ものや園芸に関する商品も揃っています。 また、季節ごとの花をたくさん揃えることも大切です。初夏にはマリーゴールドや、ベコニアなどが揃っている。 母の日などのイベントごとの際にはカーネーションを置くだけではなく、紫陽花や薔薇なども豊富にあることをアピールできると良いでしょう。 こうした差別化する品揃えをしっかりとするためにはある程度のお店の広さが必要になってきます。 小さい花屋さんは町場では勝ち抜くことが難しいとされています。お客様の様々なニーズに応えることができないため、早く閉業してしまうことも多いです。