フラワーショップ・グリーンショップでライバル店に勝つ方法1

品揃えで差別化を図る

お店には足を運んでくださる可能性のあるお客様の数を予測することができます。自店の半径2キロの範囲に約5万人が住んでいるとすると、お店に来店してくれる可能性が高いのはこの5万人の人々となります。

スーパーなどでは花束を作成することやフラワーアレンジなどはできません。切り花の種類もたくさんあります。その他、苗ものや園芸に関する商品も揃っています。

また、季節ごとの花をたくさん揃えることも大切です。初夏にはマリーゴールドや、ベコニアなどが揃っている。

母の日などのイベントごとの際にはカーネーションを置くだけではなく、紫陽花や薔薇なども豊富にあることをアピールできると良いでしょう。

こうした差別化する品揃えをしっかりとするためにはある程度のお店の広さが必要になってきます。

小さい花屋さんは町場では勝ち抜くことが難しいとされています。お客様の様々なニーズに応えることができないため、早く閉業してしまうことも多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *